医療の現場

おすすめ

看護士になるためには

看護師になるには、看護系大学・短大、専門学校などに進学後、国家試験に合格する必要があります。

看護師国家試験の受験資格は下記のように決まっています。

  1. 高校卒業後、文部科学大臣が指定した学校で3 年以上看護師になるために必要な学科を修めた者
  2. 高校卒業後、厚生労働大臣が指定した看護師養成所を卒業した者
  3. 免許取得後3年以上業務に従事している准看護師、あるいは高校等を卒業している准看護師で、上記1の指定学校または2の指定養成所で2年以上修業した者など

看護師の国家試験は非常に難しい試験ではありますが、各種学校ではカリキュラムが組まれており、卒業までには国家試験に対する基礎学力がしっかり学習できるようになっています。

□仕事内容

看護師は、医師の指示のもと診療や治療の補助や、病気や怪我、障害により不自由な療養生活を送る患者に看護を行います。
また、治療や看護以外に、患者の相談や健康指導、心のケアなどの援助活動も行います。

大きな病院では、病棟、外来、手術室に担当が分かれ勤務体系も異なります。
約100万人いると言われる看護職従事者の多くは病院や診療所で働いていますが、保健所、介護老人保健施設、学校などにも就業している人もいます。

準看護士になるためには

准看護師になるには、中学・高校を卒業後、2年間准看護学校で学び、都道府県試験に合格して知事の免許を取得します。
養成校は学費も安く、奨学金なども設定され支援体制もしっかりしています。

准看護師の資格を取得後、看護短大、高校の衛生看護科・看護専門学校などで2年間学習すると看護師国家試験の受験資格を得ることが可能です。

□仕事内容

准看護師は、都道府県知事の免許であり、看護師とは資格が異なります。
看護師とは違い、自分の判断で看護にあたることができないため、医師または看護師の指示を受けて仕事を行います。
しかし、基本的な業務内容は看護師と同様です。