医療の現場

おすすめ

医療現場はどういった仕事があるのか

医療とは、医術・医薬で病気やけがを治すし、人間の健康の回復、維持、促進などに対して使われる幅広いな意味を持ちます。
医療の仕事には人の命に携わるさまざまな仕事があります。
一番重要で、共通するのは、「ミスは許されない」ということです。

少子高齢化、核家族化など社会が深刻になっている現在は医療の仕事の需要性はますます高まっています。
しかし、医療現場は常に人手不足にな状況なのも事実です。
これからの社会には、よりおおくの医療における仕事の専門家が不可欠です。

当サイトではいくつかの職種について、その仕事に就くために必要なことや仕事内容を紹介します。

医師・歯科医師

医師になるには、高校卒業後に医科大学や大学の医学部で6年間学び、卒業後、医師国家試験に合格すると医師免許が取得できます。取得後は2年間、臨床研修が必要となります。

続きを読む

看護士・準看護士

看護師になるには、看護系大学・短大、専門学校などに進学後、国家試験に合格する必要があります。
看護師国家試験の受験資格は下記のように決まっています。

続きを読む

薬剤師

薬剤師になるためには、薬剤師国家試験に合格する必要があります。
受験資格は薬剤師法により大学で薬学に関する学科を卒業した人に限定されてます。

続きを読む

救命救急士

救命救急士になるには、国家試験に合格する必要があります。
国家試験の受験資格は、次のように定められています。

続きを読む